ここのすラボ2.1

こどもの こころを のびのび すくすく 育てることをめざして試行錯誤中の児童精神科医なおちゅんのブログです。

けん玉

グサリと突き刺さる! 子どもが何かに上達するときに重要な、たったひとつのポイントとは?

今,読み進めているのは「幼児期と脳の発達」という本。たしか,からだ指導室「あんじん」の栗本啓司先生が読んでいらっしゃったことがきっかけで知りました。既に絶版になってしまっているようですが,それでも図書館のおかげで読むことができるのはありが…

タイミングの大切さを噛みしめる…。

このブログに最近「けん玉」関連のキーワードでたどり着いてくださる方が少しずつ増えてきて,密かに嬉しく思っています。 …そう,私のけん玉熱はまだまだ続いているのです。 そして懸案だった息子のほうも,相変わらずけん玉を毎日楽しく練習しています。 n…

けん玉界の神さま的存在の秘密。

我が家にけん玉ブームが到来してから,はやくも1か月が過ぎました。 nao-chun.hatenablog.jp 前回は息子の悩みの種であるもしかめのことを書きましたが,バランスボールに腰かけて弾みながら練習するなど気負いなく続けているうちに膝を使って衝撃を和らげる…

けん玉と息子:興味を持った技,そしてスランプ。

私のけん玉熱を見て,けん玉に興味を持った息子。 やはり大皿から練習を始めました。 けん玉への苦手意識歴も抵抗感も少ない彼は,やっぱり上達が早い! 息子専用けん玉を手にしたその日のうちに,大皿を連続17回決めることができ,まぐれっぽいけれどとめけ…

大人になって初めて知った,けん玉の魅力。

ひょんなことから始まった私のけん玉ブーム,じわじわと続いています。 nao-chun.hatenablog.jp けん玉関連のweb記事に「ほとんどの人が人生で1時間もやったことがない遊びだと思っています」という文章を見つけ,私はまさにその「ほとんどの人」のひとりだ…

身体を使った,新たな楽しみを見つけました。

先週のこと,小児科医の友人がとってもかっこいい特技を身につけていることを知りました。 それは,けん玉。 玉だけじゃなく,けんも同時に放り投げるような空中技も繰り出していて,ビックリ! 森嶋勉先生のご著書「伸ばそう!コミュニケーション力―不器用で…