ここのすラボ2.1

こどもの こころを のびのび すくすく 育てることをめざして試行錯誤中の児童精神科医なおちゅんのブログです。

子どもの準備性を見極めるため、大人の✕✕✕を磨こう!

親は子どもに期待をかけるもの…

親子あるあるだと思いますが、親のほうは子どもに「こうあってほしい」「このくらいできてほしい」という期待や目標を持っていて、でも実際の子どもの言動が親の期待するレベルには現状届いていないとして。

そんなとき、親としては叱咤激励し、発破をかけ、なんとか親の期待値をクリアさせようとしたくなるもの。

発破をかければかけるほど子どもが伸びるならそれでいいのですが、残念ながら親からの叱咤激励の強さや多さと子どもの達成レベルは全然相関しないんですよね。

そして相関しないがために「こんなに言ってるのにどうしてわからないの/できないの/やらないの?」と親がもどかしくなってさらに叱咤激励を強めたり増やしたりすると、子どもの委縮や反発を招いて、ますますうまくいかなくなる。

そんな親御さんの「心配なあまりの空回り」を何度もみてきましたし、私自身もこういう空回りをしてしまったことが何度もあるなぁ…と思い返して反省しています。

子どもの準備性について考える

ところが。
親御さんの空回りがピタッと止まる瞬間もこれまた何回も見させていただいたことがあります。

親が何度起こしても遅刻ギリギリまで布団から出なかった子どもが突然自力で早起きして朝練に行くようになったり、どんなに親が声をかけても学校の課題も出さず試験勉強もろくすっぽしなかった子どもが自分から意欲的に勉強に取り組むようになったり。

嬉しい変化が起きた親子にはいつも「どうして急にできるようになったんですか?」などと根掘り葉掘り質問してみるのですが、親御さんもお子さんもこれといって心当たりがない、ということがまた少なくなくて。

そんなとき、あぁ…きっと子どもの「準備性」が整ったんだな、と思うのです。

子どもの「準備性」については以前も中田大地くんの本に刺激を受けて記事にしたことがありましたね。

「準備性(readiness)」という言葉、ここ数年、私の中の注目ワードです。

大切なのは、大人の観察力!

今読んでいるこちらの本に出てきたフレーズ、

「子どもは自分のできることなら、とっくにしている」

限界を超える子どもたち──脳・身体・障害への新たなアプローチ

限界を超える子どもたち──脳・身体・障害への新たなアプローチ

が心にズシンと響くのは、子どものできることとできないことを大人がしっかり見極めるのことの重要性を突きつけられるから。

準備性の整わないことを責めても子どもが即座に克服できるわけじゃないし、子どもが次のステップへの準備性を整えたことに気づいたら大人の関わり方も変化させないといけないし。

心であっても、身体であっても、大人が子どもの状態を丁寧に観察して把握することの重要性は変わらないみたいです。

そもそも心と身体は分けられないものなのかもしれませんが…。

子どもに対する観察力、磨きをかけたいですね。

私の失態と、ビタミンによる副作用のヒヤリハット報告。

ビタミンは安全?

これまで「ひとり読書会」で読んできた本では、

  • RDA(推奨一日投与量)は健康な若年男性を基準に決められたもので、もっと多くの量を必要とする人はたくさんいる
  • 水溶性ビタミンは余れば尿中などに排出されるので摂りすぎを恐れる必要はない

などと学んできたところです。

しかし、実際に私自身がビタミンの副作用を経験したことがあったので、それをここでシェアしておこうと思います。

ナイアシンの在庫を切らす失態

自分自身のためのメガビタミン療法のひとつとして、ナイアシンを1日2g(朝昼各500mg、夕1000mg)摂っていたおよそ1年前のこと。

ある日、ナイアシンボトルが空になった時点で、買い置きのストックがないことに気づきました。

慌ててiHerbへ注文。

そのとき「間隔をあけて再開したらフラッシュが強くなるかな」とちょっと心配になり、普通のナイアシンと併せて「Flush-Free Niacin」というタイプを購入しました。

f:id:nao-chun:20191211175529j:plain

届いた日の夕食後分から、Flush-Freeの方のナイアシンを再開。
Flush-Freeなんだし神経質に減量しなくてもいいかな、と夜1000mg飲んでから寝ました。確かにフラッシュを感じることはなくて。

でも翌朝起きてみると、猛烈にだるーいのです。
頭が重くて、身体がツンと冷えて、立ち上がるのがしんどくて、ずっと横になっていたい感じ。
これは強烈な風邪のひき始めかな、と思っていました。

しばらく休むと調子がよくなってきたので普通に活動したのですが、翌朝もほぼ同じ状態に。
そして、熱や咽頭痛のような風邪症状には発展しないまま、3日目の朝も同じ現象が起こりました。

さすがにちょっと考え始めました(遅っ)。
風邪の「ひき始め」だけが3日続くなんてありえない。この3日間で変わったことといえば…?

あっ、ナイアシンの再開だ!
(このときはそういう認識。半分正解。)

一旦ナイアシンをやめてみて、症状が治まったのを確認してから普段のナイアシンに戻したところ、フラッシュはあるものの得体の知れないしんどさは解消しました。

私の身体で何が起きていたのか?

私に倦怠感という副作用をもたらしたのは、Flush-Free Niacin、つまりナイアシンエステルです。

それまでフラッシュは起こしながらも夜1gのナイアシンは問題なく摂れていたので、休薬期間があってもおそらく普通のナイアシンを再開していたらこの症状は起きていなかったのではないかと推測されます(フラッシュは激しく起きたでしょうが…)。

じゃあ、なぜナイアシンエステルではダメだったのか?

藤川先生のブログに詳しい解説がありますが、ナイアシンエステルとはイノシトール1分子に6つのナイアシン分子をエステル結合させることで、体内でゆっくり分解されるようにしたものです。

体内で急激にナイアシン濃度が上昇しないから、急な血管拡張やヒスタミン放出が起こりにくく、それでフラッシュが起きない・起きにくいわけですね。

つまり、緩く長く効きめが続く…と。

おかげで寝る前のナイアシンフラッシュは回避できたものの、そのぶん起床時にも血管拡張作用が続いていて、起立性低血圧のような状態が遷延してしまったのだろうな…と今なら納得がいきます。

ナイアシンナイアシンアミドの違いはあちこちで語られますが、ナイアシンエステルの存在は比較的地味で、しかもナイアシンの(アミドにはない)よい作用を持ちつつフラッシュが起きないことから、試してみたいと思われる方もきっと多いはず。

私のような中途半端な興味で使ってしまうと危険ですよー!!という警告の意味を込めて、ここに記事を残しておこうと思います。

それでも試してみたい方は、少量から、そして日中から使ってみられることを強くオススメします!

どうかみなさま、お気をつけて。

子どもの注意や行動の障害を治す:治療(2) 栄養の処方…ビタミンB3

火曜日恒例、ひとり読書会。
今日からビタミン各論。まずはB3から。

読んでいるのは、こちらの本。

ビタミンB3

・3番目の水溶性ビタミンとして見つかったビタミンB3は、後にニコチン酸とそのアミドと判明した。毒物であるニコチンと紛らわしいのでナイアシンナイアシンアミドに改名された。アルコホリクス・アノニマス(AA)を一緒に創ったビル・ウィルソンに私とH.オスモンドがメガビタミン療法のことを教え、統合失調症や関節炎や加齢・コレステロール高値にナイアシンが有効だと伝えた。ビル本人が1日3gのナイアシンを摂り、2-3週で疲れや抑うつが消えるのを体験した後、AAの人たちにも伝えたところ1-2カ月で彼らの不安・緊張・抑うつも焼失した。ビルが「ビタミンB3療法」というパンフレットを大量に配布したため、B3の名が再度使われるようになった。

・B3は自然界にはアミドの姿、ニコチンアミドジヌクレオチドNAD)で存在し、純粋なニコチンアミドとナイアシンは合成物である、タバコが外敵から身を守るために産生する毒物ニコチンの化学構造の環をひとつ壊すと非常に有益なB3になる。ヒト体内でアミノ酸トリプトファン60㎎から1gのB3に変換される。厳密にはビタミンの定義(体内で作れないもの)に合致しないが、遠い将来トリプトファンがB3に変換されることはなくなり、真の意味でB3はビタミンになるだろう。妊娠後期の女性はナイアシンへの変換率が高くなる。NADの還元型はNADHで、NADはすべての酸化還元系で用いられる。

・生体内でNADトリプトファンとB3のどちらかから作られる。B3が食事から十分摂れていたら、トリプトファンセロトニンメラトニンなど他のものを作るのに回せる。ライナス・ポーリング博士が、ビタミンCが食べものから十分に得られた場合どうやって自前で作るのをやめるかを示している。それが、ビタミンCが食物から豊富に摂れるからと2500万年前にグルコースをビタミンCに変換しないよう遺伝子が変異した種のほうが優れていた理由である。しかし、食事が現代風になってビタミンCが足りなくなり、臨床的あるいは閾値下の壊血病が世界規模で増えた。同じように身体は食べもの内のB3にだんだん依存していくのではないかと考える。

NADとNADHは体内で相互変換されるが、還元型のNADHのほうが活性型であり、NADH>NAD>B3の順に治療効果が高い。胃の中ではNADからNADHへの還元は行われないが、小腸では少し行われるようで、B3から作られる潜在的酵素はニューヨークのメヌコ社から発売されている。

ナイアシンは1日500㎎から開始し、最大の治療効果がみられるまで次回来院時から増量する。数カ月~数年かかることもある。子どもには、ナイアシン初使用のフラッシュ(血管拡張)を避けるためナイアシンアミドから投与を始める。味が苦くて無理な子には酸っぱいナイアシンのほうが好まれることがある。症状がよくなっても数年続けたほうがよく、18歳までは続けなさいと伝えている。中断してみて、再発したらすぐ元のプログラムへ戻す。わずかな量で効果は維持できる。用量があまりに多いと嘔気がみられるので、それより投与量を少なくすること。

ナイアシンアミドナイアシンと同量で用いる。コレステロールを下げる効果はないが、長期で使うと血管系に有効である。99%の人にフラッシュは起こらない。残り1%の人は体内でナイアシンアミドを急速にナイアシンに変換できる人なのだろう。こういう人にはナイアシンフラッシュを心地よく感じられることが多い。ナイアシンナイアシンアミドを間違えて飲む人、ドラッグストアで間違えて渡される人もいる。ナイアシンアミドはとても苦く、ナイアシンはビタミンCのように酸っぱいので、ナイアシンアミドは酸っぱいと思っている場合、それはアミドではない。

ナイアシンナイアシンアミドも許容量を超えると嘔気がするので1-2日休んでから量を減らして再開する。アミドよりナイアシンのほうが多く飲んでも嘔気が起こりにくいのが一般的。子どもでは嘔気は起こりにくく、単に食欲が低下するので、そのときは真っ先にナイアシンを疑って中止すること。

・ラッキーなことに、ナイアシンが必要な人ほど副作用は起こりにくい。以前統合失調症ティーンエイジャーにナイアシン500mgを200粒錠渡したら自殺企図目的でひと瓶飲み干してしまったが、その後2日間腹痛に苦しんだだけだった。副作用は他のビタミンも同じだがとても少なく、アメリカ医学協会にも安全と認められ、FDAにも認可されている。

ひとりごと

B3の名前がやたらいろいろある理由が初めてわかり、頭が整理されました。
ナイアシンを100g一気飲みしても副作用が2日間の腹痛だけというのも驚き。安全性はなかなか高いのですね…まぁ、真似したくはないですが>100g一気飲み。
ナイアシンを飲むと眠くなる理由が、トリプトファン温存でセロトニンが増えるからだとわかってスッキリ! やっぱり科学なんですね。

またもや、運命的出会いの予感…

袖振り合うも多生の縁…

またしてもSNSのどこかで偶然出会った1冊。
もしかしたらAmazonからのオススメだったのかもしれないけれど、何かの拍子に気になって、とりあえず購入して、そのままになっていた本にやっと手をつけました。

限界を超える子どもたち──脳・身体・障害への新たなアプローチ

限界を超える子どもたち──脳・身体・障害への新たなアプローチ

サブタイトルの「脳・身体・障害への新たなアプローチ」を見てしまったら、手を出さずにはいられません。

脳の可塑性!

著者のアナット・バニエルさんは、フェルデンクライス博士のお弟子さん。

フェルデンクライス・メソッドは、自分の身体の動きや動かし方への気づきを深めていくレッスンの流派のひとつ(たぶん、とてもざっくり言えば)。
一時期関心があって本を読んでみたりしましたが、基本はグループレッスンらしく、独学でできるものではなさそうだと断念した記憶があります。

アナット・バニエルさんは、ご自身もダンサーで、ダンサーやの痛みに対する身体アプローチを専門にしていた方。
でも、半年間の理学療法にも反応がなく、小児神経科医も予後に絶望していた1歳児が、フェルデンクライス博士の介入の中で自分の身体への気づきを持てるようになっていく様子を見たことをきっかけに、障害や困難を抱える子どもたちの支援に踏み出したそうです。

「脳にはみずから変化する力があり、支援が必要な子どもの脳の働きを助ける方法がある(p.35)」

…まさに脳の可塑性! このフレーズを声に出して読んでみるだけで武者震いしてしまいます。

子どもは「直すべきモノ」じゃない

アナット・バニエルさんは「その子ができないことをさせようとするのは、子どもを故障したモノのように直そうとする行為」と指摘します。

子どもは自分のできることならとっくにしている。
子どもに答えを押し付けるのではなく、子どもが自分の脳を使って困難を乗り越えられるように大人がサポートすればいい。

支援が必要な子どもを助けたいと心から思うなら、できないことをさせようとしないこと(p.40)

という言葉にギクッとします。
できないことをさせようと息子に無理強いしてしまったこと、ちょっと振り返ってみても今までいっぱいあったなぁ…と。

大人が手伝えることは、子どもの脳を目覚めさせ、子どもが自分の脳で解決方法を生み出していけるように導いてあげることなんですね。

そうすれば、そのやり方は子どもの脳が自由な発想で生み出してくれるはず。

第I部を読み終えて、この本を読むと選択したことは間違ってなかった…と嬉しさが抑えられません。

第II部では「9つの大事なこと」が紹介されているようなので、このまま楽しみに読み進めていこうと思います♪

親の緊急事態に遭遇した子どもたち

子どものピンチに親は駆けつけるもの

先日、息子が出先で怪我をしたことで一緒にいてくださった方から呼び出しの連絡をいただきました。

「病院で手当を受けた方が…」と心配していただきましたが、とりあえず傷を確認して持っていったもので簡単な手当てをして(簡易的な湿潤療法です…湿潤療法と言えば、とても気になっている夏井先生の本がまだ読めてないなぁ…)、私だけ先に帰りました。

患者よ、医者から逃げろ その手術、本当に必要ですか? (光文社新書)

患者よ、医者から逃げろ その手術、本当に必要ですか? (光文社新書)

  • 作者:夏井 睦
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2019/10/16
  • メディア: 新書
 

 その後も病院受診しないまま経過をみていますが、おかげさまで順調そうです。

まぁ、子どもの身に何かあったら親としては当然駆けつけるわけですが、落ち着いてからちょっと考えたことがありました。

 

親のピンチにテキパキ動く子どもたち

これまでに、診察室の中で「親のピンチにばっちり対応することができた子どもたち」の話を聞いたことが何度も何度もあって。

別に私の患者さんだけに親の急変が起こるわけでもないだろうし、他の先生方も経験されることかもしれませんが、子どもたちの普段の生活からは想像もつかないぐらい積極的に動いてくれるのです。

長年ひきこもっていて訪問看護の人とのやり取りさえ親まかせだったお子さんが、初めて訪問看護ステーションや担当看護師に自分から連絡を入れてSOSを求めたり(似たようなケースが数例ありました)。

必要最低限しか外出したくない青年が、親の急変に気付いて救急車を呼んで同乗したり、普段乗りたがらない自分の車を運転して病院へ連れて行ったり、といったこともありました。

どのケースも、当たり前ですが、子どもたちの活躍がなければ親御さんの命に危険があるような大変なことばかり。

親御さんが完全回復されてから「息子(娘)は命の恩人です」としみじみと、愛おしそうに、恥ずかしそうにおっしゃる親御さんと、それを少しだけ嬉しそうに聞くお子さんの姿がまたとても素敵で。
「いやホントに命の恩人ですよねー。よく咄嗟に必要な行動を判断して動けたよね!!」と私もまた驚きを新たにさせてもらっています。

 

思春期心性のもやもやの出口への一歩に

こうしたできごとがあると、親御さんの方はこれまでよりもお子さんに対して少し過保護でなくなり、お子さんの方も少し親にしっかりした顔を見せるようになるのがまた私から見るとちょっと嬉しくて。

もちろん親御さんがケガも病気もされないのがいちばんいいに決まっていますが、緊急事態があって、でも命に別状なくクリアすることができたとき、そのお子さんは思っている以上に判断力も行動力もあって必要なときには適切に動けるんだ、という感覚を親と子の双方が得られたという経験が残るのです。

そしてそのことが、その先に親子の関係性を少し変えるきっかけになっている…。

「転んでもただでは起きない」と軽々しく言っていい話ではありませんが、健康第一、安全第一、その上でピンチはチャンスでもあるのかもしれないな…とどうしても思ってしまうのでした。

f:id:nao-chun:20191208213748p:plain

研修出張に出掛けて、学んできたのは自分…

昨日、新幹線で出張したのは…

昨日ハローキティ新幹線に乗って県内出張したのは、思春期の子どもの育てにくさに悩む親御さんのグループを運営している/したい支援職のための研修、というお仕事でした。

その研修の中では何かものすごく特殊なことをするわけではありませんが、思春期という時期の難しさを理解した上で子どもとどんなふうにコミュニケーションをとると上手く関わりやすいのかを親御さんに伝えるために、スタッフが親御さんとどう接するとよいのかをロールプレイでの体験も含めて知っていただくものです。

…説明がまどろっこしいですね。

 

支援者であると同時に、思春期の子どもの親でもあるので…

研修の中で参加者のみなさんに説明するとき、親御さん向けのグループを実施する際に使用するテキストを使って解説したりデモンストレーション講義をしてみたりするのですが…、

その説明を口にすればするほど、その言葉が我が身に返ってくるのです(笑)。

目の前の相手に向けて説明しているのに、それを自分に向けての説明として(思春期の子の親としての自分が)聞いてしまっているのですね。

「脳は主語を理解できない」と俗説のように耳にすることがありますが(だから人の悪口は言わない方がいいとか、感謝の言葉を口にしようとかいった文脈でよく使われている気がします。実際そういう文献がるのでしょうか?)、まさに相手向けの話の主語が自分になってしまっている状態です。

 

いつもの自分と違う立場になること

この支援者向け研修の中でも、参加者のみなさんに「思春期の子どもの育てかた・関わり方に悩む親」と「グループのファシリテーター」になりきっていただいてのロールプレイを行うのですが、母親役を演じた方はもちろん、ファシリテーター役を演じた方も、ご自分の子育て問題に何らかの光を見いだして帰られる方がちょくちょくいらっしゃるんです。

立場を変えてロールプレイに参加したり、悩んでいるお母さん(役)の困りごとを別のお母さん(役)として聞いたりすると、「きっとお母さんがこんなふうに関われば親子のコミュニケーションがうまくいくはず」と客観的に考えつきやすくなって、「こんな考え方や言い方もできるかも」といったコメントがすらすら出てくる。

それが聞いている人にはとても斬新で目からウロコなアイデアであることが多いのはもちろん、言った当人にとって我が子との関わりへのヒントになることもあるようです。

ええ、私も本当にたくさんのヒントをいただき、大切なことを思い出して帰途につきました。

我が家の息子と関わる日常の時間に早速活用しています。
短い時間にもいろんなことが起こりますからね…。
ぶちギレたくなるような事件が勃発しながらも今穏やかな夜を迎えることができているのは、たぶん昨日の研修のおかげです。感謝!

f:id:nao-chun:20191207224001p:plain

 

心も身体も「健康自主管理」したい人の必読書!

思いがけないドタバタはありつつ…

今日は朝から新幹線出張。
私の業務では年に数回の珍しいことです。
さらに珍しかったのは、新幹線がハローキティ車両だったこと。初めて乗りました。

f:id:nao-chun:20191207062613j:plain

出張終えて帰宅後はゆっくりできるはずが、身近な負傷者による緊急対応で外出する羽目になり、ちょっとバタバタ。

戻ってきて遅めの夕飯を済ませ、さてやっとブログが書けます!

今日書きたかったのは、この本のこと。

これまでの本でもたくさん学ばせていただいているし、今回は読まなくてもいいかな…と少し思ったのですが、結局やっぱり読んでみたくなって注文しました。

医師や薬に頼らない!  すべての不調は自分で治せる

医師や薬に頼らない! すべての不調は自分で治せる

  • 作者:藤川 徳美
  • 出版社/メーカー: 方丈社
  • 発売日: 2019/12/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

川徳美先生の最新刊。
12月3日発売になりました。

藤川先生の代表作「うつ消しごはん」や先生のブログをこまめに読んでいる人なら既知の内容が多いかもしれません。

うつ消しごはん―タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!

うつ消しごはん―タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!

  • 作者:藤川 徳美
  • 出版社/メーカー: 方丈社
  • 発売日: 2018/11/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

それでもやっぱり私は読んでよかったと思っています♪

これまでの本といちばん違うのは、タイトルに「すべての不調」とあるように、さまざまな慢性身体疾患や神経疾患にも研究があること。

前書きに「現在、…診療の半分ほどは精神科の医師というより、慢性疾患を分子栄養学の栄養メソッドで治していくような治療を行うようになっています(p.6)」と先生が書いていらっしゃるとおり、先生ご自身が精神科領域に限らず豊富な慢性疾患の治療経験を積まれた結果が本の内容に反映されたのだと思います。

どんどん三石巌先生に近づいていらっしゃる気がする…。

私にとっていちばん面白かったのは…?

私がこの本の中でいちばん面白いと感じたのは、第3章。
「日本の医師はなぜ栄養のことを知らないのか」…ちょっぴり怖くなるタイトルです(笑)。


f:id:nao-chun:20191206205120j:plain


この章を読んでいて我が意を得たりと頷けるところもたくさんあれば、自分の姿勢を振り返って反省させられるところもあり、最も刺激的でした。

発達障害バブルの真相」を読んだときと同じような、身の引き締まるような危機感が脳内を駆け抜けるような。

発達障害バブルの真相: 救済か?魔女狩りか?暴走する発達障害者支援

発達障害バブルの真相: 救済か?魔女狩りか?暴走する発達障害者支援

  • 作者:米田 倫康
  • 出版社/メーカー: 萬書房
  • 発売日: 2018/12/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

以前書いたレビューの第2弾が、内容的には最も重なるかも。

医師や薬に頼らない! すべての不調は自分で治せる」を読もうか読むまいか迷っている人は、ぜひ第3章だけでも目を通してみてほしいと思います。

そして、あとがきの最後の2ページ。
藤川先生の熱いメッセージに背筋がピンと伸びました。
医療を提供する側も医療を受けようと思う側も、お互い自分の頭で考えて自分の行動を選択していきたいですね。